代表挨拶

Greetings

ロググラム予備校は、あらゆる手段を用いて「結果」を出すことに特化した予備校です。

結局のところ、志望校に合格するための一番確実な方法は、現状の学力と志望校のレベルから逆算し、「いつまでにどの程度の学力がついていればよいのか」という短期的な目標を設定した上で、その目標を年間を通してクリアし続けることです。言葉でいうのは簡単ですが、それを実行できている学生はほんのわずかです。その理由としては、志望校に合格するために「いつまでにどんな状態になっていればよいのか」をそもそも学生が把握できていないということがあります。指示されたことを自分では頑張ってこなしているつもりかもしれませんが、その頑張りが客観的に自分の志望校に見合った頑張りなのか、ということまでは分からないのです。その結果、本来あるべきスピードよりも遅いスピードで学力が身についていくために、時間が経てば経つほど挽回が難しくなるのです。

予備校にとって、高いクオリティーの授業を提供することや、質問があればそれを確実に解決できる環境を作ること、そして安心して快適に勉強できる空間を作ってあげることなど、成績を上げるためにはどれも重要な要素であることに間違いはありませんし、私たち自身、そういった面で可能な限りのサポートをする準備はできております。しかし、私たちがそれ以上に大切にしているのは、生徒が迷いなく勉強できるように1年間の学習の流れを明確にした上で、勉強したことが本当に身についているのか、そしてそれは志望校に間に合うペースなのかということを徹底的に確認し、もしそうなっていないならば手遅れになる前に考えうる最善の手段を講じてそれを修正していくというプロセスなのです。そのような意味で、ロググラム予備校は「結果」を出すことに特化しています。

確かに、浪人生としての1年間は、本気で志望校に合格したいという学生にとっては1日1日が自分自身との闘いであり、楽しいことよりもつらいことの方が圧倒的に多い1年間です。しかし、ロググラム予備校のスタッフは、自分自身が受験で「結果」を出した優秀な講師であるだけでなく、そのようなつらい時こそ生徒の支えとなり、志望校合格まで導いてくれる熱い心を持った講師ばかりです。ぜひロググラム予備校で頑張ってみたいと思っていいただける皆様を、私たちスタッフ一同心よりお待ちしています。

ロググラム予備校

代表落司竜也